大学入学共通テスト 具体的な試験内容

2020年教育改革によって
大学入試が大きく変わります。

受験生にとっては

どんな試験出題されるのか?」

テスト内容はどんなものなのか?」

という部分は
非常に気になると思います。

今回の記事では
新テストの具体的な試験内容
新テストがスタートする
2020年度の日程について
解説したいと思います。

新テスト(大学入学共通テスト)とは?

大学

大学入試では
全国的に共通の試験を導入することで
各大学が全国の生徒の学力を
平等に判断しています。

今までの全国的に共通な試験と言えば

『大学入試センター試験』

でした。

しかし
今のままでは
刻々と変化していく時代の流れに
対応するために十分な学力を測ることが出来ないため
新しいテストが検討されていました。

そして
2020年度から新しく導入されるのが

『大学入学共通テスト』

です。

これがセンター試験の代わりとなり
大学入試の中心となることでしょう。

新テストの具体的な試験内容(センター試験との違い)

下記の画像を見ながら
具体的な試験の内容について
触れていきたいと思います。

2020年 大学入学共通テスト概要

国語

辞書

画像を見ると分かる通り
大学入学共通テストの国語では

・80~120字程度を含む3問程度

・出題範囲は古漢除く「国語総合」

・マークシート問題とは別の大問

・試験時間100分に延長

となっています。

大事な部分は
現代文(評論・小説)にて
記述式の問題が出題されるという点

それに伴い
試験時間が長くなる点
です。

古文・漢文は
記述式の問題は出題されない
ので
大学入学共通テストにおいては
記述の対策をする必要はないということになります。

また
試験時間については

センター試験→80分
大学入学共通テスト→100分

となっているため
長時間の試験に耐えうる
『集中力』が必要になります。

たった20分の差ですが
最後の20分で集中力が切れてしまうと
それだけでテストの点数に
大きな影響が出てしまいます。

小さなことかもしれませんが
試験時間が100分ということは
しっかり理解した上で
本番までに100分のテストに
慣れる必要があります。

【※ココから理系の生徒は必読!!】

古文漢文に関しては
高校生に入ってから
本格的に授業が始まるので
出題範囲が狭く
点数が取りやすいです。

しかし
現代文(評論・小説)に関しては
小学生からの積み重ねとなっているため
出題範囲が広すぎて
少し勉強をしたところでは
なかなか成績が伸びにくいです。

大学入学共通テストでは
古文・漢文に関しては
出題範囲が狭い上にマーク試験のみですので
理系でも確実に高得点を狙うべく
勉強すべきです。

現代文に関しては
記述が導入されるため
理系では出来る人と出来ない人が
大きく分かれると予想されます。

その証拠として
2017年11月に行われた
大学入学共通テストのプレテストでは
3問の記述問題が出題されて
無解答の生徒は少なかったものの
80~120字程度の記述を問う
第3問に関しては
正答率が10%を切っていました。

つまり
今の生徒のほとんどが
国語の記述を苦手としているのです。

当然国語以外の科目も勉強しなければならず
現代文の記述対策をする時間がないため
国語の記述を諦める理系生徒が出てきても
おかしくありません。

そのため
難関大を目指す生徒や
全科目で高得点を取る必要のある理系生徒は
とにかく

『早め早めから現代文の記述対策』

をすべきです。

後々苦労しないためにも
絶対に早めから対策することを
オススメします。

数学

数学

画像を見ると分かる通り
大学入学共通テストの数学では

・「数Ⅰ」「数Ⅰ・A」で出題

・数Ⅰの範囲を3問程度

・マークシート問題と混合の出題

・試験時間70分に延長

となっています。

大事な部分は
国語と同様に記述試験が導入されるという点
センター試験の頃に比べて
試験時間が10分伸びて70分になる点
です。

数学の記述において
ありがちなのが
解ける生徒は最後まで完璧に解けるけど
解けない生徒は最初から全く解けない

というパターンです。

特に文系の生徒は
数学の記述に対して
苦手意識を持っている人が多く
最初から手が付けられないということが
頻繁にあります。

マーク試験と違って
記述式のテストでは
部分点を稼ぐテクニックも
非常に大事になってきます。

最後の答えが分からないからといって
空白でテストを提出するのではなく
問題文から読み取ったことを
文章にして回答用紙に書くだけでも
部分点がもらえる可能性があります。

2017年11月に行われた
大学入学共通テストのプレテストでは
白紙で提出した生徒の割合が
多かったそうです。

プレテストでは
正解か不正解かのどちらかで評価されており
部分点は存在しないようでした。

実際の試験で
部分点が存在するかどうかは
未だ不明なところではありますが
まずは白紙で提出するのを辞めて
何でも良いから回答を書く癖をつけることは
非常に大事になってくると思います。

とりあえず回答用紙に文字を書いていたら
そこからアイデアを思いついて
最後まで解けるということも
数学では良く起こりえます。

また幸いなことに
記述の試験範囲は
「数Ⅰ・A」のみとなっており
「数Ⅱ・B」「数Ⅲ・C」は
記述の対象外となっています。

「数I・A」は
どこの学校であっても
基本的に高校1年生の時に学習する範囲ですので
しっかりと対策をしていれば
記述も十分に対応できるはずです。

理科

顕微鏡

2018年5月現在の情報では
理科は2024年度~記述式の導入を
検討している状態です。

大学入学共通テストを
2024年度より前に受ける受験生であれば
記述の対策は必要ありませんので
マークでしっかり点数を取れる対策が必要です。

※2次試験で理科の記述が必要な生徒は
当然ですが別途対策が必要です。

社会

世界地図

理科と同様
社会は2024年度~記述式の導入を
検討している状態です。

大学入学共通テストを
2024年度より前に受ける受験生であれば
記述の対策は必要ありませんので
マークでしっかり点数を取れる対策が必要です。

※2次試験で社会の記述が必要な生徒は
当然ですが別途対策が必要です。

英語

英語

画像を見ると分かる通り
大学入学共通テストの英語では

・4技能を評価、民間の資格・検定試験を活用

・民間試験の受検は高3の4月~12月に2回まで

・2023年度までは民間試験と
共通テストの英語を併用
(大学が利用方法を指定)

となっています。

大事な部分は
4技能が必要になるという点
民間の資格・検定で
学力を判断するという点

です。

4技能というのは

・リーディング(読む)
・リスニング(聴く)
・ライティング(書く)
・スピーキング(話す)

の4つの能力のことです。

今までの英語教育では

・リーディング(読む)
・リスニング(聴く)

の2技能を中心に学習していたため
例えば英語の文章は読めるけど
英語を話すことが出来ない

といった生徒が多発していました。

これではグローバルの時代に
生きていけないということで
4技能を必要とする試験に変更になるのです。

・ライティング(書く)
・スピーキング(話す)

これらの技能は
しっかりと対策をしなければ
『絶対に』出来るようにはなりません。

特に日本人は
英語を話すことを苦手としていて
学校でスピーキングの授業があっても
恥ずかしがってボソボソと話すだけで終わり
といった状況があります。

逆に言うと
多くの人が

・ライティング(書く)
・スピーキング(話す)

苦手としているので
しっかりと対策していれば
他の生徒に間違いなく差をつけることが出来ます。

そして
民間のテストを採用するという点も
非常に大事な部分です。

分かりやすく説明すると
今までは
大学入試用に英語の試験を作成していたものが
今後は入試用に英語の試験を作成しなくなり
大人や海外の人も活用している
「TOEIC」や「TOEFL」といったテストが
使用されることになるのです。

※2023年度までは
大学入試用の英語の試験も作成されるので
資格・検定試験と大学入学共通テストの英語の試験
どちらを活用するのかは
大学が決めることになります。

2024年度以降は完全に
民間の試験のみになりますので
大学入試用の英語のテストは
作られなくなるということです。

民間の試験では
実用的な英語力が試されるので
しっかりとした対策が必要になります。

2020年度(新テスト初年度)の日程について

大学入試センター試験

画像引用元:https://dot.asahi.com/

大学入学共通テストは
2020年度(2021年1月)からの入試で実施されます。

つまり
2018年4月に高校に入学した高校生から
大学入学共通テストの受験生に
なっていくということです。

試験日に関しては
センター試験の時と同様
1月に実施されることは決定しています

細かい日にちに関しては
まだ分かっていません。

センター試験は
1月中旬あたりの土日に
2日間かけて行われていましたので
大学入学共通テストも
そのあたりの日にちになると思われます。

まとめ

大学入学共通テストの
具体的な試験内容と
大学入学共通テストがスタートする
2020年度の日程について
解説していきました。

新しいテストを受ける生徒は
すごく緊張するでしょうし不安にもなると思います。

しかしそれは皆同じです。

プレテストからも分かる通り
新しいテストに対して
苦手意識を持っている生徒は
めちゃくちゃ多いです。

ここで前向きに努力することさえできれば
他の生徒に大きな差をつけることも可能です。

しっかりと対策をしていきましょう!!